【麹町】いづみや(2号店)

まいど!

 

年末にぶっ倒れたものの最近は順調に回復して、麹町のオフィスで働いたりしてる。

 

その日も仕事を終えて帰った。四谷の駅まで10分ほど大通りを歩いて帰るのだが、何か店からこのぉ、、、、気配のようなものを感じた。

 

IMG_2042

気配の正体はこれだった。

 

まぁさ、「角打ち」ってのは元々は本業は酒屋の店が、片手間にやってることが多いんだけどね、ここまで「こそーーーーっと」やってる角打ちは初めて見た、笑。

 

だって看板がこれだけだよ?ってか、これも「看板」とは言わないか・・・笑。

 

IMG_2036

 

しかし、店に入ると「紛れもなく角打ち」だ。バッチリ角打ちだ!

 

俺はさっそうと生ビールと柿ピーを頼んでレジで金を払ったんだが、レジのおじさん、、、どっかで見たことあるんだよな・・・。

IMG_2039

 

思い出した!以前書いた記事で行った店の店員さんだった!

 

早速俺は、話しかけてみた。「あれ?ここのすぐそばの『いずみや』ってお店にいましたよね?」

 

レジのおじさんは、ゆっくりと微笑みながら答えた。「ここも、『いずみや』だよ?」

 

(えっ?どういうことだ?)俺は聞いてみた。「移転したの?」

 

レジのおじさんは、またしてもゆっくりと微笑みながら答えた。「いわゆる2号店ってヤツだよ。」

 

(なるほどな!おめでとう!)

 

店の常連客の方が店主(レジのおじさん)に言った。「看板とかいい加減つけた方がいいんじゃねぇか?外から見ると何の店だかさっぱりわからないぜ?『そもそも店なのか』ってのもわからないぜ?」

 

店主は、しつこいようだが、にっこりと微笑みながら言った。「そうだな・・・。適当に手書きで書いておくよ・・」

 

IMG_2038

 

まずは乾杯だ!

 

しかし、新しい店だけあって、角打ちながらもヤケにおしゃれなんだよな。

 

IMG_2037

何か「IKEAみたいな角打ち」だよな?笑

 

IMG_2041

この「角打ちでの振る舞い」に厳しいあたりは、1号店とかわらないな?

 

しかも、日本語、英語両方でヴァリンガルに江戸の粋てヤツについて書いてあるぜ!笑

 

Enjoy SAKE with EDO-refined style.(江戸の粋なスタイルで酒を楽しめ)

 

素敵なキャッチだ。

 

しかし、オフィスから2,30メートルしか離れてないので、出社するたんびに毎回行っちまいそうだな・・・笑。

 

[場所] 東京都千代田区麹町4丁目付近

[使った金] 1000円くらい(生ビール400円、柿ピー100円くらい)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です