【阪東橋】内藤酒店

あろー!

 

今回も横浜市の阪東橋の角打ちだ。

 

この辺りってのは、本当ディープな角打ちが多いなー。

 

何っていうか街並みがディープだよね。

 

IMG_2561

この昭和感が本当にたまらん。

 

そんな昭和な街並みの一角に突然今回のお目当ての角打ちは現れた。

 

IMG_2562

すごいな?

 

昭和でも初期の方だよね?もはや・・・。

 

この日は夏の暑い日だったので、この日除けがたまらなく気持ちいい!

 

真夏はエアコンが効いた中で飲むのはもちろん快適なんだ。

 

けど角打ちの場合、実はエアコンがガンガン効いているところで飲むよりも、扇風機や、この店みたいな完全オープンなところでウチワをあおぎながら飲む方が雰囲気が出て美味く感じたりするんだよね。

 

IMG_2567

なにはともあれ乾杯だ!

 

ピーナッツを頼むと、6Pチーズのフタに入れてくれる。

 

何とも素敵な絵面だろ?

 

店の中も、期待を裏切らずかなりのディープさを誇っている。

 

IMG_2568

振り子のある時計ですよ!

 

この壁の古さ加減が振り子時計の味をさらに増してるね?

 

バラの花が振り子時計だとしたら、この壁はかすみ草のような存在だな?

 

主張はせず、あくまで引き立て役として主役を引き立てる名脇役。俳優で言ったら前田吟や名古屋章とかだな。

 

しかし、店の中から外を眺めていると、本当街並みが「時が時を刻むのをサボってるのか?」と言いたくなるようなレトロ感だ。

 

IMG_2563

夏の夕方、この空気感は人をホッとさせる。

 

すっかりリラックスしながら俺は真夏の夕暮れを酎ハイを片手にアンニュイに過ごしていた。

 

と、その時だった!

 

店に入った時から気になっていたもの凄いインパクトのある先客(じいさん)が、急に店の前でストレッチをしだした!

 

IMG_2569

残念ながらストレッチ後しか写真は取れなかったが、もの凄いインパクトだ。

 

こういうランニングシャツもしくはタンクトップを着ているじいさんはそうそういないだろうな。

 

この華々しさは、味方によってはキース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)にも見えるね?

 

ちなみにこれがキース・リチャーズだ。

 

97e2b3a5322dc9ce0da81992f78058f7

なんか似てるだろう?

 

真夏の日が暮れる前の夕方、けだるく缶チューハイを飲む俺の頭の中には、ローリングストーンズの名曲「ブラウン・シュガー」「ストリート・ファイティングマン」「悪魔を憐れむ歌」が流れ出した。

 

人生ロックンロールだ!転がる石には苔はむさない!流れる水は腐らない!

 

[使った金] 500円くらい

 

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です